洋画家・須田国太郎にちなみ財団 多様な美術振興に軸

文化往来
2019/12/11 10:11
保存
共有
印刷
その他

洋画家の須田国太郎にちなんだ一般財団法人「きょうと視覚文化振興財団」(京都府宇治市)が、11月1日発足した。息子の須田寛JR東海相談役が関係者に呼びかけて設立した。有望な新人作家への助成や美術史研究者の育成、機関誌発行などを通じて、広く美術振興を図る。

須田国太郎は京都帝大卒で、美学研究の道から転向した遅咲きの画家。「師弟関係を持たずに出発したため、技術面だけでなく、発表の場探しなど、画業の初期…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]