日銀、生産の判断引き下げへ 自動車など弱く

2019/12/6 23:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日銀は18~19日に開く金融政策決定会合で示す景気認識で、生産の判断を引き下げる方向で検討に入った。現在は「横ばい圏内の動き」としているが、10月の消費増税後の内需の落ち込みや台風19号で生じた一部の工場の操業停止を踏まえ、弱めの表現に改める。

10月の鉱工業生産指数(2015年=100、季節調整済みの速報値)は98.9と前月比4.2%低下し、16年5月(98.5)以来の低水準になった。台風被害…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]