/

日医工、射水市と包括連携協定 健康寿命延伸へ

田村社長(左)は健康寿命の重要性を強調した

日医工は6日、富山県射水市と健康寿命の延伸などに向けた包括的連携協定を結んだと発表した。同社は手指消毒剤1000本の寄付や感染症予防のためのセミナー開催を通じて市の取り組みを支援していく方針だ。高齢化が進む同市では医療費の抑制が課題になっている。

セミナー開催と並行して後発医薬品の啓発活動も行う。市民の健康づくりや介護予防に関しても同市と連携して取り組んでいく。田村友一社長は「医療費の適正化に向け、健康寿命の延伸につながる活動も推進したい」と意気込む。

同市は後発薬の使用割合が足元で77.9%で、2020年9月までに80%にまで高める目標を掲げている。夏野元志市長は「後発薬の使用割合を高めつつ、日医工と連携して住民に元気でいてもらう施策を展開したい」と協定締結の狙いを説明する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン