債権債務の確認、4大監査法人が共同センター

2019/12/6 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

4大監査法人のEY新日本、トーマツ、あずさ、PwCあらたは6日、監査対象企業の債権債務の確認作業を共通化する「会計監査確認センター」を開所した。年間100万通とされる書面のやり取りを集約するとともに、インターネット上で作業を完了できるシステムの構築を進める。

監査業務の実務では、貸借対照表に計上する債権債務が実際に存在するか、金額が正しいか、などを取引の相手方に確かめる。確認のための郵送書面は業…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]