/

この記事は会員限定です

中国の「債務のワナ」 太平洋諸国警戒 アレクサンドル・ダヤント氏

豪ローウィ国際政策研究所研究員

[有料会員限定]

南太平洋の島しょ国、ソロモン諸島のツラギ島を中国企業が長期賃借したと10月、報じられた。(ソロモンの首都ホニアラがあるガダルカナル島の北に位置する)ツラギ島は深い海に囲まれ、良港を持つ。ソロモン諸島政府はそんな賃借契約は違法だとして(撤廃されるべきだとの)声明を出した。ソロモン諸島は台湾と断交し、中国と国交を樹立して間もないため、国際社会は警戒を強めた。

中国は、ソロモン諸島の政策転換を促すために...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1619文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン