施設開業相次ぐ渋谷 "若者の街"脱却へ

2019/12/6 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京・渋谷で大人や富裕層を意識した大型商業施設が相次ぎ開業している。中高年らを対象にした高級ブランド店が開業するなど施設に入居するテナントが多彩になり、この2カ月で渋谷の大型商業施設の営業面積は約10万平方メートル増えた。過去10年で開業した大型施設の数では新宿を上回り、勢いづいている。かつての「若者の街」のイメージが変わりつつある。

【関連記事】写真で見る渋谷の新施設

いま新規開業が相次ぐのは、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]