20年度は伸び鈍化へ、北海道の経済成長率
北海道銀・北洋銀調べ

北海道
2019/12/6 18:00
保存
共有
印刷
その他

北海道の地銀2行は6日までに、2020年度の道内経済成長率(実質ベース)見通しをまとめた。北洋銀行は0.5%増、北海道銀行は0.3%増と4年連続のプラス成長を見込むものの、19年度見通しから伸びは鈍化しそうだ。

19年度見通しは北洋銀が0.8%増、道銀が0.7%増を見込む。20年度も設備投資や地震からの復旧を含む公共投資がけん引役となるが、消費増税による節約志向は下押し要因とみる。

20年度の設備投資は北洋銀が2.8%、道銀は3.3%の伸びを予測。省力化投資にくわえ、訪日客の増加に備えたホテルの新築、洋上風力やバイオマス発電など再生可能エネルギーへの投資も堅調に進むと予測する。

公共投資は北洋銀が0.1%増、道銀は0.4%増を見込む。地震の復旧工事や国が進める防災・減災対策が増える。個人消費は北洋銀が0.1%増、道銀が0.2%増と予測するが、消費増税で節約志向が広がり、キャッシュレス決済時のポイント還元などの増税対策は20年6月に終わる。米中貿易摩擦に起因する輸出減も影響しそうだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]