越前打刃物、欧米有名シェフうならす 10年で生産3倍
ウエーブ福井

2019/12/9 4:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

福井県越前市の伝統的工芸品「越前打刃物」が海外向けをテコに復活劇を果たしている。海外の有名シェフたちが包丁などを高く評価したことがきっかけで、欧米などでの需要が急増。産地全体の生産額はこの10年で約3倍に増えている。日本の中小企業のもの作り復権の象徴として、全国的な注目を集めそうだ。

世界的な料理コンクール「ボキューズ・ドール」の委員長もつとめたレジス・マルコン氏、世界最高の女性シェフの一人とい…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]