「税調のトランプになる」 自民・甘利会長の一石

風見鶏
2019/12/8 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

20年度以降も見据えた税制改正を目指す甘利氏

20年度以降も見据えた税制改正を目指す甘利氏

「税調のトランプになる」。自民党税制調査会の甘利明会長は2020年度税制改正の議論が本格化した11月下旬、税調幹部がいる会合で宣言した。

「思ったことは実行していきたい。トランプというのは半分冗談ですが、半分は本気です」。国際秩序の「破壊者」ともいわれるトランプ米大統領を引き合いに出した発言にその場は笑いに包まれたが、「攻めの税調」にしたいという甘利氏の本音でもあった。

【関連記事】
自民税調、脱「聖域」へ新機軸 発足60年で定員制導入
与党税調、本格議論開始へ 異業種M&Aの税優遇が目玉

税の専門家集団――。党税調はそう表現されてきた。毎年末の税制改正で各省や族議員からの要求に○×をつけて査定する。もめた項目は「マル政」案件に指定し、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]