個人向け国債、現金付与でお得感 安全性にも注目

2019/12/7 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

超低金利の環境が続く中、個人向け国債の人気が再燃している。預貯金に比べて高い金利がもらえるほか、中途換金しやすく元本割れしないことなどが見直されている。ボーナスシーズンなどに合わせ証券各社が購入時に現金やポイントを付与するキャンペーンを実施していることもあり、発行額は増加傾向にある。

【関連記事】SBI・楽天、証券取引手数料を一部無料化

■下限金利は0.05%

個人向け国債は個人の保有を促進するため…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]