/

この記事は会員限定です

雪国と東京、いいとこどり 2拠点生活で仕事にリズム

[有料会員限定]

「仕事は楽しいけど、この働き方じゃ続かないな」。東京都渋谷区のIT企業の営業職、冨沢友里さん(29)は4年前、こんな思いを深めていた。深夜残業があり、翌朝はギリギリまで寝て朝食抜きで出勤することも。繁忙期には徹夜作業になることもあった。

川端康成の「雪国」の舞台、新潟県湯沢町で生まれ育った。都内の大学を卒業し、そのまま東京で働き始めたが、地元には愛着もあった。たまたま家業のスキー宿の手伝いで帰郷し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1511文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン