/

サイニチHD、ドローンを災害で活用 さいたま市と協定

サイニチホールディングス(さいたま市)はさいたま市と災害協定を結んだ。災害時にドローンを使って被災地を空撮したり、電気自動車(EV)を非常用電源としてドローンの電力供給に活用したりする。さいたま市は被災地の動画などの提供を受け、迅速な災害復旧に生かす。

同社は中核企業にEVの日産リーフを販売する埼玉日産自動車を持つ。4月からドローン事業にも参入し、ドローンの販売や空撮の受託、スクールの運営を始めた。災害時にはEV車とドローンを復旧活動に役立てる。10月の台風19号でも浸水した荒川河川敷を空撮したという。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン