/

この記事は会員限定です

JTOWER田中社長「5Gで通信設備共用一段と」

[有料会員限定]

携帯電話の通信設備を共用する「通信インフラシェアリング」を手掛けるJTOWERが12月18日、東証マザーズに上場する。田中敦史社長に事業の特徴や上場の狙いを聞いた。

――事業内容はどのようなものでしょうか。

「通信インフラシェアリングが主力事業だ。大型の建物では携帯電波が全体に行き届くよう屋内の通信環境を整備する必要がある。当社は携帯キャリアに代わってアンテナなどの通信設備を設置。それを携帯各社に共...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り615文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン