スカイマーク国際線参入、小型機で過去の挫折克服へ

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2019/12/8 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スカイマークが悲願だった国際線への参入を果たし、成長へ飛行高度を上げようとしている。11月29日に同社初の国際定期便を成田空港からサイパンへと就航。かつては日本航空(JAL)や全日本空輸(ANA)に対する「第三極」を自任して超大型機で国際線参入を目指したのがあだとなり、経営破綻する挫折を味わった。ANAホールディングス(HD)などの支援で堅実経営に転換し、国際線への再チャレンジには小型機を用いる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]