時差出勤で独自ポイント、都心オフィス街で都など実験

関東
2019/12/6 11:59
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京都と三菱総合研究所は2020年1月、大手町など都心のオフィス街で時差通勤に協力した場合に独自のポイントを付与する事業を実証実験する。協力企業の社員がピーク時間を避けて出社するとスマートフォンの専用アプリでポイントをもらえ、地区内の店舗の支払いなどに使える。都心の混雑緩和とキャッシュレス化を後押しする。

ポイントは「東京ユアコイン」という名称。大手町や丸の内、有楽町で募集する協力企業のオフィス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]