富士通とSUBARU、AIでエンジン部品研削を全数検査

BP速報
2019/12/6 12:35
保存
共有
印刷
その他

富士通とSUBARU(スバル)は、エンジン用カムシャフト研削工程で人工知能(AI)により全てのカムシャフトの品質を保証する実証実験を12月4日から2020年1月末までSUBARU群馬製作所大泉工場(群馬県大泉町)で実施する。研削中の振動などのデータをAIに与えて加工品質をリアルタイムで推測させ、加工後の実測結果と突き合わせる。カムシャフトはエンジンの燃焼室に出入りする空気を制御する部品。これまで…

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]