米民主、職権乱用に照準 トランプ氏の弾劾決議案

2019/12/6 11:14
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=中村亮】米議会下院の司法委員会は5日「ウクライナ疑惑」をめぐるトランプ大統領の弾劾決議案の作成に着手した。職権乱用や調査妨害を弾劾訴追の根拠とする方針で、1970年代前半のウォーターゲート事件で辞任したニクソン元大統領の弾劾決議案に類似する。ただトランプ氏の不正を示す決定的証拠は欠いており、訴追後の上院での罷免のハードルは高い。

「大統領の行為は我々の建国者の考えに背くものだ」。野…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]