/

NYダウ、28ドル高 米中協議の不透明感で様子見

【NQNニューヨーク=張間正義】5日の米株式相場は続伸した。ダウ工業株30種平均は前日比28ドル01セント(0.1%)高の2万7677ドル79セントで終えた。米中貿易協議の行方を見極めたい投資家が多く、積極的な売買は手控えられて相場は方向感に欠けた。アナリストが高評価を与えたアップルとナイキが上昇し、ダウ平均を支えた。

スポーツ用品のナイキとスマートフォンのアップルが買われ、ダウ平均を押し上げた。中国事業の成長期待からゴールドマン・サックスがナイキの投資判断を「買い」に引き上げた。シティグループはウエアラブル端末の販売好調を理由にアップルの目標株価を上方修正した。

米中貿易協議の先行きには不透明感が強く、投資家は身動きを取りづらい。15日に迫る対中制裁関税の「第4弾」の全面発動前に米中が部分合意できるかについては、市場参加者の見方は分かれている。中国商務省の報道官が「米中は緊密なコミュニケーションをとっている」と述べたと5日に報じられたことは一定の支えになった。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は前日比4.029ポイント高の8570.701で終えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン