イラン大使「ミサイル開発は継続」 国連総長へ書簡

2019/12/6 6:30
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=吉田圭織】イランのラバンチ国連大使は5日、国連のグテレス事務総長と安全保障理事会の議長国宛ての書簡で「イランの弾道ミサイルに関する活動は権利であり、断固として継続する」と主張した。欧州3カ国が11月末に「イランの弾道ミサイルは核兵器が搭載可能で、安保理決議に矛盾している」と事務総…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]