「支離滅裂な言動」指摘 熊谷6人殺害、二審判決要旨

2019/12/5 21:05
保存
共有
印刷
その他

埼玉県熊谷市の6人殺害事件で、一審の死刑判決を破棄し、無期懲役とした東京高裁判決の要旨は次の通り。

【被告の責任能力】

精神鑑定の結果によると、被告は事件当時、統合失調症にかかり、自分や親族に危害を加えようとする追跡者が迫っているという妄想を抱いていた。一審判決もその通りに認定したが、犯行直近の状況に限ってみると、手っ取り早く金品を得ようとする現実的な欲求に基づいて犯行に及んでいるとして、善悪の…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]