/

この記事は会員限定です

ECCが外国人材育成 特定技能、語学教育の強み活用

[有料会員限定]

ECC(大阪市)は月内に介護や宿泊など人手不足業種の外国人材を育成する事業を始める。新たな在留資格「特定技能」を活用。現地での資格取得を支援し、日本企業に紹介する。就労後の生活支援も一括で手掛ける。語学教育を主力事業とする強みや自社で外国人約4千人を語学講師などとして採用してきたノウハウを生かし、日本企業による特定技能人材の採用を後押しする。

2019年4月に新設された「特定技能」の在留資格を持...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1852文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン