グーグル、デジタル課税6%徴取 マレーシアの新税で

アジアBiz
2019/12/5 20:24
保存
共有
印刷
その他

【シンガポール=中野貴司】米グーグルは2020年1月から、マレーシアの顧客から6%のデジタルサービス税を徴取する。マレーシア政府が同税を導入するのに伴う措置で、大半の外資系企業が追随する見通しだ。グーグルの広報担当者は5日、日本経済新聞に対し「我々は世界各国の当局の課税方針に常に従っており、マレーシアでもサービス税を課す」と述べた。

マレーシア政府は20年1月から消費者や企業がネットで購入するソ…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]