イチゴを初出荷 四国電力系のあぐりぼん、加工も視野

四国
2019/12/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

四国電力が今後の成長エンジンの一つと位置づける「農業」が始まった。高級果物店を運営する銀座千疋屋(東京・中央)などと2018年10月に設立した「あぐりぼん」(香川県三木町)が、11月中旬からイチゴの出荷を始めた。畑違いとはいえ、四国の基幹産業である農業を盛り上げることが、結果として電力販売の維持・増加につながると考えているからだ。

鮮やかな赤色のイチゴがビニールハウスに広がる。香川県三木町で4日…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]