斜面の補強工事、3割省人化 新潟の興和など新技術開発

2019/12/5 19:39
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

土木建設業の興和(新潟市)などは山の斜面の補強工事を効率化する新技術の年内開発にメドをつけた。ドローンやレーザー測量機といったICT(情報通信技術)機器を活用。測量の障害物となる樹木などを撤去せずに、3次元の設計図を作製できるようにする。従来より3割の省人化と作業時間の短縮につなげ、公共工事の受注に弾みを付けたい考えだ。

新技術の開発は建設現場の生産性向上を支援する国土交通省の事業の一環で始まっ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]