/

世界の新車販売、来年も前年割れ見通し 中国市場不振

【広州=川上尚志、フランクフルト=深尾幸生】世界の新車販売の低迷が長引きそうだ。独自動車工業会(VDA)は4日、2020年の世界の新車(乗用車)販売台数が3年連続で前年割れするとの見通しを発表した。主因は最大市場である中国での需要の落ち込みだ。景気減速を受けて高額商品の新車の買い控えが広がっている。世界の主要メーカーは自国市場だけでなく中国依存度が高い。今後、合理化を迫られ世界的にリストラが拡大する可能性がある。

最大市場の中国で新車販売台数の落ち込みが続く(天津港)=ロイター

VDAは、今年の世界の新車販売台数が18年比で5%減の8010万台となるとの見通しを発表した。約410万台も減る見込みで、リーマン・ショック直後の09年より減少幅は大きいという。

さらに20年も落ち込み、19年見込み比で1%減の7890万台となると予測した。18年から3年連続の前年割れとなる。VDAのベルンハルト・マテス会長は声明で「(米中欧など)主要市場で成長を後押しする要素が見当たらない。競争は激しくなり逆風は強くなる」と警戒感を示した。

落ち込みの主因は中国市場だ。18年に、28年ぶりに前年実績を割り込んだが、状況は今年に入ってさらに悪化している。VDAは、19年の中国市場が前年比で10%減、20年は19年見込み比で2%減と予測した。中国では米中貿易戦争の長期化による景気減速などから、消費者の自動車購入意欲が上向かない状況が続く。住宅ローンの負担も重く、内陸部の地方都市を中心に自動車の買い控えが広がっている。

さらに、中国政府から多額の補助金を受けて急成長が続いた電気自動車(EV)が、6月から補助金の大幅減額により、10月まで4カ月連続で販売台数が前年実績を下回っている。「補助金減少の影響で、当面の販売も状況は厳しい」(新興EVメーカーの幹部)。

世界最大の中国市場は、ゼネラル・モーターズ(GM)や独フォルクスワーゲン(VW)を筆頭に、外資系大手も大きく依存してきた市場だけに今後、世界の自動車メーカーは一段と厳しい状況に追い込まれる可能性がある。

中国市場に次ぐ欧米市場も振るわない。VDAによると、19年は世界第2位市場の米国が2%減となり、欧州市場も前年並みとなる見込み。20年は米国が19年見込み比3%減、欧州は2%減になる見通しという。

世界の主要市場で需要の低迷が続き、大手は既にリストラを迫られている。独ダイムラーは22年末までに全世界で1万人以上の従業員を削減する。VW傘下の独アウディも25年までに従業員の約1割にあたる9500人を削減し、独2工場の生産能力も減らす。リストラは、GMや日産自動車など世界の他の大手にも共通する。各市場の販売が総崩れで今後も上向かない見通しのなか、各社は一段の合理化を迫られることになりそうだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン