小5いじめで保護者説明会 名古屋市立の学校

2019/12/5 19:07
保存
共有
印刷
その他

名古屋市立小5年の男児が同級生から多額の現金を要求され支払った問題で、学校は5日、全学年の保護者へいじめの経緯などを伝える説明会を開いた。市教育委員会は同日の市議会教育子ども委員会で、現金をこれまで10万~20万円としていたが約20万円だったと再び訂正した。

委員会終了後、山田昌弘委員長は「(男児らが)一日も早く、元通りの暮らしができるようにしたい」と記者団に述べた。

市教委は2日、いじめ防止対策推進法で規定する「重大事態」に認定。学校は3日の学年集会で、校長が小5の全児童に説明した。市教委は11日に開かれる市の有識者会議「いじめ対策検討会議」に報告する。

説明会には市教委も同席。市教委が問題を把握後、同級生の謝罪などを受け「解決済み」と判断し、重大事態の認定が遅れたことも釈明するとみられる。

市教委によると、男児は8~10月、同級生6人から「お金を持って来ないとのけ者にする」などと言われ、自宅にあった貯金箱から十数回にわたり現金計約20万円を持ち出した。〔共同〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]