/

この記事は会員限定です

医薬品寡占、研究段階から監視 公取委新指針

[有料会員限定]

公正取引委員会は企業が将来の競合相手を市場から追い出すM&A(合併・買収)を独占禁止法で防ぐ。特に製薬業界などは各治療薬のシェアが高くなりやすく、開発段階でも将来の市場に与える影響が大きい。年内にも改定する企業結合の審査指針で、製品化前でも競争制限にあたる懸念があれば厳しく評価する方針を明確にする。

公取委は、企業結合で市場シェアが大きくなりすぎないよう独禁法で監視している。改定する指針では、研究...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り667文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン