茂山家、ねずみ年ちなむ新春公演

2019/12/6 7:00
保存
共有
印刷
その他

狂言大蔵流茂山家による公演「新春 天空狂言2020」が来年1月5日に大槻能楽堂(大阪市)で開かれる。「末広かり」など新年らしい演目のほか、干支(えと)にちなんでイソップ童話「町のねずみと田舎のねずみ」を基にした「伊曽保鼠(いそほねずみ)」を茂山あきらが演出する。飯沢匡による50年以上前の作品だが「現代社会にも通じるのが狂言の面白さ。現代の風刺も盛り込んだ演出で」(茂山あきら)上演する。

茂山あきら(左)と茂山千五郎

茂山あきら(左)と茂山千五郎

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]