/

この記事は会員限定です

5G整備、政府・自民が対応急ぐ 予算と税制で

[有料会員限定]

次世代通信規格「5G」や人工知能(AI)などの先端技術を巡り、政府・自民党が対応を急ぐ。5Gでは日本は中国や米国に後れをとっているため、税制と予算措置を組み合わせて通信業界を支援する。米国は中国製通信機器の安全保障上のリスクを訴えており、規制の整備も必要だ。各省庁にまたがる課題も多く、与党はどう迅速に対応するか検討を進めている。

自民党のデジタル社会推進特別委員会は5日、サイバーセキュリティ小委員...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1137文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン