「中村先生の遺志継ぐ」 活動知る関係者、決意新た

2019/12/5 18:06 (2019/12/5 19:08更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

突然の凶弾に倒れたペシャワール会(福岡市)の中村哲医師(73)はアフガニスタンでの支援活動のかたわら、現地の状況や自身の思いを国内の講演などで伝えてきた。「まずは人を生かす」「小さな英雄になって」。信念に裏打ちされた言葉の数々に触れた関係者は、悲しみに打ちひしがれながらも「遺志を受け継ぐ」と改めて誓った。

「寡黙で妥協を許さない、アフガン愛の強い人だった」。京都市で絵本店を営む蓮岡修さん(46)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]