九州電力、玄海原発1号機の廃炉作業公開 2次系解体

2019/12/5 18:18
保存
共有
印刷
その他

九州電力は5日、玄海原子力発電所1号機(佐賀県玄海町)の廃炉作業を初公開した。原子炉格納容器の外側にあり「2次系」と呼ぶ、放射性物質を含まない区画の機器を解体する作業などを見せた。1号機の廃炉作業は2017年7月に始まっており、九電は原子力規制委員会に54年度までかかる計画の認可を申請している。

「切断しながら配管を抜いている」。玄海1号機の発電機やタービンなどを置く建屋内で、九電の担当者が話し…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]