最短5年で教授、北大の若手登用が「アンビシャス」に

大学
2019/12/5 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北海道大学(札幌市)は20~30代の研究者を准教授として採用し、最短5年で教授に引き上げる人事制度を創設した。現在の教授陣は50代以上が大半で、登用までの年数に体系的なルールはない。年間で最高500万円程度と従来に比べれば破格の研究費補助も組み合わせ、2021年度までに20人の採用を計画する。

新制度「アンビシャス若手人材育成システム」は、北大が強みを持つ研究実績や財務情報などあらゆる学内データ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]