東南ア、「市場」への政策を パウィダ・パナノン氏
タイ・タマサート大学准教授

私見卓見
2019/12/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東南アジア諸国連合(ASEAN)は総人口が6億5千万人、域内総生産(GDP)が3兆ドル(約325兆円)規模に上る。いままで低コストで製品や部品などを生産する「アジアの工場」として影響力を発揮してきた。最近、ASEANの企業が域内への投資を増やし、「アジアの市場」とも言えるシフトが起きている。工場から市場への変化は、ASEANをさらに発展させる可能性がある。

1980年代後半以降、豊富で安価な労働…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]