/

この記事は会員限定です

熟練の技、新機種が担う 工作機械各社、技能伝承難に対応

[有料会員限定]

工作機械各社が熟練工の退職を見据えた新機種を相次ぎ打ち出している。オークマは手仕上げによる磨き時間を半減できる高精度の自動車向け金型の工作機械を発売。ヤマザキマザックは金属の取り付け時間を大幅短縮するシステムを開発した。足元の受注は苦戦が続くが、製造業は技能伝承に不安を抱える。非熟練工でも容易に作業できる機種やシステムで需要獲得を狙う。

オークマは新しい大型マシニングセンター(MC)「MCR-S...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り784文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン