/

この記事は会員限定です

宇都宮商議所会頭、「LRT延伸を街づくりの起爆剤に」

[有料会員限定]

宇都宮市は次世代型路面電車(LRT)の整備を核とする交通網再編を進める一方、パルコが退店した中心市街地の活性化といった課題も抱える。宇都宮商工会議所は街づくりにどう関わっていくのか。11月に就任した藤井昌一会頭(藤井産業社長)に聞いた。

――JR宇都宮駅東側でのLRT開業まで2年余りになりました。

「沿線に住宅や商業施設ができると、宇都宮に住む人が増える。新幹線と高速道路にLRTが加わることで、東京からの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り398文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン