高耐熱性のリチウムイオン電池部材、山形大などが開発

2019/12/5 17:01
保存
共有
印刷
その他

山形大学は5日、耐熱性の高いリチウムイオン電池部材を2社と共同開発したと発表した。正極と負極を分けるセパレーター(絶縁材)に特殊ゴムを塗布した耐熱性不織布を使用。既存の素材は周囲の温度がセ氏80度以上になると変形するが、同150度でも使用可能という。高温のエンジン周辺など電池の設置場所を広げる技術として、2年以内の実用化を目指す。

特殊ゴムを塗布した耐熱性不織布

特殊ゴムを塗布した耐熱性不織布

山形大の森下正典・産学連携准教授が日本バイリーンの耐熱性不織布と大阪ソーダの特殊ゴムを組み合わせて作った。不織布は熱に強いが、隙間が多く、電池がショートしやすかった。その隙間や表面を特殊なポリマーゴムで覆うことでショートを防いだ。

既存のセパレーターはレジ袋に使うポリオレフィンを使用。セ氏80度くらいになると変形が始まり、ショートして発火する恐れがあった。新たなセパレーターは電池性能を大幅に高めるものとして「まずドローン(小型無人機)用電池を試作し、車への搭載につなげたい」(森下准教授)という。

日本バイリーンは茨城県古河市、大阪ソーダは兵庫県尼崎市の研究部門が山形大と共同研究を続けていた。両社は電池分野でのつながりはなかったが、5日の記者会見に同席した大阪ソーダの磯谷真治R&D本部長は「大学が企業を結び付けた結果、新たな用途開拓につながった」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]