/

新潟県、NYで日本酒PR 20年2月にイベント

新潟県は、2020年2月10日に米ニューヨークで新潟の清酒をPRするイベントを開く。県内の酒造会社による米国での販路開拓、拡大の支援が目的だ。5日にイベントに協賛や参加をする企業の募集を始めた。12月20日まで受け付ける。

イベントはニューヨークの人気レストラン「ブーレイ・アット・ホーム」で開催する。現地のレストラン・バーの飲料購買の担当者や、メディア関係者ら60~80人を招く予定だ。新潟の日本酒に関するセミナーや、食事と合わせて日本酒を試飲できる昼食を予定している。

参加できるのは県内の酒造会社のみだが、米国への輸出実績の有無は問わない。米国での日本酒人気を受け、産地間の競争が厳しくなっている。新潟清酒のブランド力をあげることが課題となっている。イベントを通じて認知度向上を目指す。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン