/

凸版印刷とGSIクレオス、自然環境で分解するレジ袋

生分解性プラスチック「マタビー」でできたゴミ袋、レジ袋、カトラリー

凸版印刷と合成繊維製造大手のGSIクレオスはこのほど、微生物の働きで水と二酸化炭素に分解する生分解性プラスチック製のレジ袋を共同開発した。12月に受注を開始した。環境意識が高まるなか、廃棄物を出さない環境負荷の低い製品として導入を広げたい考え。2025年度に関連受注を含め20億円の売り上げを目指す。

GSIクレオスが生分解性プラスチック「マタビー」を供給する。原料は植物由来ポリマーとトウモロコシのでんぷんで、土に埋めると分解するほか海水中で分解する性質をもつ。凸版印刷がフィルム製造の技術をいかしマタビーの成形と製品化を担当した。

マタビーでできたレジ袋のほか、ゴミ袋、カトラリーの計3品目の受注をこのほど始めた。コンビニエンスストアや自治体などの購入を想定する。今後、マタビーを農業用資材にも応用するなど製品のラインアップを拡充していく。

凸版印刷とGSIクレオスは世界的な「脱プラスチック」の流れをみて、製品化を決めた。国内アパレルや小売り各社でも、プラスチック製レジ袋の有料化や紙製の袋に切り替える動きが広まっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン