/

JT、韓国たばこKT&G株を250億円で売却

日本たばこ産業(JT)は保有する韓国たばこ大手KT&Gの株式をすべて売却した。発行済み株式数の2.1%にあたる286万5000株で、売却額は約250億円。KT&Gに韓国市場向けたばこの生産を委託していたが、すでに自社生産に切り替えており、韓国での販売は継続する。JTは「日韓関係の悪化は影響していない」としている。

JTは1999年にKT&G(旧韓国たばこ人参公社)の株を取得し、生産委託やたばこの共同開発をしてきた。現在は日本やフィリピンなどから輸出している。JTの売上高に占める韓国の割合はわずかで、同国の紙巻きたばこのシェアは1割未満という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン