/

この記事は会員限定です

ロシアとウクライナ、ガスパイプライン巡り火種

EU向け、交渉難航

[有料会員限定]

【モスクワ=石川陽平】ロシアとウクライナが欧州連合(EU)への天然ガス輸出を巡って対立を深めている。ロシアはウクライナ領内のパイプラインを経由してEU諸国にガスを供給しており、経由輸送の契約切れが12月末に迫るなか、更新の交渉が難航している。2009年にウクライナ経由の欧州向けガス供給が停止した「ガス紛争」が再燃する懸念もくすぶる。

ウクライナとロシアは9日、パリでドイツ、フランスを交えた4カ国首...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1187文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン