ロシアとウクライナ、ガスパイプライン巡り火種
EU向け、交渉難航

2019/12/5 18:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【モスクワ=石川陽平】ロシアとウクライナが欧州連合(EU)への天然ガス輸出を巡って対立を深めている。ロシアはウクライナ領内のパイプラインを経由してEU諸国にガスを供給しており、経由輸送の契約切れが12月末に迫るなか、更新の交渉が難航している。2009年にウクライナ経由の欧州向けガス供給が停止した「ガス紛争」が再燃する懸念もくすぶる。

ウクライナとロシアは9日、パリでドイツ、フランスを交えた4カ国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]