/

この記事は会員限定です

ファミマ、冬の時代を生き抜くディフェンス力

証券部 佐藤俊簡

[有料会員限定]

24時間営業問題や人口減少など転機を迎えたコンビニエンスストア業界。ファミリーマートは2019年度中に社員の1割に相当する800人の希望退職を募集し、構造改革に乗り出す。本部の余剰人員を減らし、経営難に直面する加盟店を支援する原資とするためだが、コンビニの運営手法そのものの変革につなげたいとの狙いもある。過去に店舗リストラを経験し、ライバルにはない「ディフェンス力」で逆境を乗り越えることができるか。

「24時間営業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1198文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン