/

この記事は会員限定です

関西の信金、店舗改装に力 大阪シティは40店に100億円

[有料会員限定]

関西の有力信用金庫が店舗改革に乗り出している。大阪シティ信用金庫は約100億円を投入し、半数に相当する40店舗を改装して顧客相談に応じやすいレイアウトに変更する。大阪信用金庫は店舗の空きスペースを創業支援の場に充てる。関西は貸出残高が1兆円超のメガ信金が集まる。低金利と競争激化で収益が圧迫される中、知恵を絞って生き残りを図る。

シティ信金は2024年3月期までの5年で店舗を集中改装する。金庫室の廃...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り758文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン