大学発の「農学原酒」、日本酒を割って楽しむ新提案
編集委員 吉田忠則

食の進化論
吉田 忠則
コラム(ビジネス)
編集委員
2019/12/7 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本酒の名前には酒蔵の様々な思いが込められている。では最近登場した「農学原酒」の名前の由来は何だろう。答えは、アイデアが誕生した場所にある。醸造科学科を擁する東京農業大学の学生たちが企画したお酒だ。消費低迷が続く日本酒を盛り上げようと、新しい飲み方を提案している。

「日本酒を伝統的な飲み方ではなく、ハイボールのように飲んでもらえないかと考えたのがきっかけです」。東京農大の博士課程に在籍する玄成秀…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]