NATOの亀裂 日本も笑っていられぬ
本社コメンテーター 秋田浩之

秋田 浩之
本社コメンテーター
Nikkei Views
2019/12/6 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

創設70周年を祝い、結束を演出するはずだった米欧の軍事同盟、北大西洋条約機構(NATO)。その意図は空振りとなり、英国で開かれた首脳会談は亀裂を隠せないまま、12月4日に終わった。

日米同盟が安定している日本には他人ごとに映りがちだが、果たしてそうだろうか。米欧同盟の亀裂は対岸の火事ではなく、「明日は我が身」と受け止めるべきだ。

NATO首脳会談では、米欧が足並みをそろえ、中国の脅威に対応してい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋田 浩之

本社コメンテーター

外交・安全保障

長年、外交・安全保障を取材してきた。東京を拠点とし、北京とワシントンの駐在経験も。北京では鄧小平氏死去、ワシントンではイラク戦争などに遭遇した。著書に「暗流 米中日外交三国志」「乱流 米中日安全保障三国志」。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

電子版トップ



[PR]