長野県上田市、ワインで地域活性化、キリングループと協定

2019/12/5 14:41
保存
共有
印刷
その他

長野県上田市とキリンホールディングス(HD)などキリングループ4社は5日、ワイン産業振興を軸にした地域活性化の包括連携協定を結んだ。キリンHDの傘下のメルシャンは9月、上田市に同市初のワイナリー(ワイン醸造所)を開業したばかり。マルシェやワインツーリズムなどワインを軸にした施策に官民連携で取り組み、地域の活性化につなげる。

協定の締結を機に市とキリングループで連携推進のためのプロジェクトチームを立ち上げる。ワークショップなども実施し、今後の具体的な施策を決めていく。

調印式に参加したキリンHDの溝内良輔常務執行役員は「上田市がワインの銘醸地として世界に知られるようにしたい」と強調。同市の土屋陽一市長は「上田市とキリングループの強みをそれぞれ生かしながら連携することが地域の活性化につながる」と語った。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]