[FT]パリ協定に暗雲 今年もCO2排出量が増加へ

SDGs
FT
2019/12/5 15:39
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界の二酸化炭素(CO2)排出量は今年も前年比で増加が見込まれ、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」の目標達成の見通しがさらに悪化しそうだ。温暖化ガス排出の抑制を求める国際世論は高まっているが、状況が好転する見通しは立たない。

英科学誌「ネイチャー・クライメート・チェンジ(気候変動)」に4日掲載された論文によると、化石燃料を燃やすことによって排出されるガスの量は今年、2018年比で0.6%増加…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]