ヤンマー、トマト栽培装置 初心者でも生育しやすく

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2019/12/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

農機大手のヤンマーホールディングスは使用する水や液体肥料を半減できるトマト栽培装置を開発した。特殊なシートを使い、トマトから蒸発した水分と同じ量をトレーから自動給水する仕組みを採用した。コメ農業向けを中心に農機を展開してきたが、新規就農者の6割以上は野菜が占めている。栽培装置は初心者でも生育を制御しやすいことを訴えて、「野菜のヤンマー」を打ち出す。

千葉県柏市にある千葉大学柏の葉キャンパス。大人…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]