[FT]障害者の就労増も給与格差に残る課題:英統計

FT
2019/12/5 15:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

働く障害者は増加しているが、依然として他の労働者との給与格差が顕著であることが、英政府統計で明らかになった。労働市場が軟化すれば格差がさらに広がる恐れがあるとして当局に対応を促している。

2019年7~9月の身体障害者と精神障害者の就業率は前年同期比2%増の53.2%だった。英政府統計局(ONS)が統計を開始した13年の43.4%から上昇している。

一方で、健常者の就業率は81.8%となお障害者…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]