電通、再び労基法違反 9月に是正勧告、長時間労働で

2019/12/5 12:08
保存
共有
印刷
その他

電通の東京本社(東京・港)が労働基準法などに違反したとして9月に三田労働基準監督署から是正勧告を受けていたことが5日、電通への取材で分かった。電通では2015年に新入社員が過労自殺し、社長の引責辞任や法人としての有罪判決につながったが、その後も適切な労務管理をしていなかった実態が明らかになった。

電通は残業時間の上限に関する労使協定(36協定)に関する労基法違反を指摘された

電通は残業時間の上限に関する労使協定(36協定)に関する労基法違反を指摘された

是正勧告は9月4日付。残業時間の上限に関する労使協定(36協定)に関する労基法違反を指摘された。電通は残業時間の上限を原則月45時間に設定し、事前申請で月75時間に延長できる36協定を結んでいた。

しかし、2018年度に営業関連部署で月75時間を超えた事例が4件あり、最長は月156時間54分だった。事前申請をせずに上限を延長した事例も6件あった。

電通は「19年度は現時点までに36協定違反はおきておらず、是正勧告内容は全て対応済み。引き続き労働環境改革に注力していく」としている。

電通では社員に違法残業させていたとして、10年以降に各地の労基署が繰り返し是正勧告していた。15年12月には新入社員だった高橋まつりさん(当時24)が自殺したのは長時間労働が原因として16年9月に労災認定。検察当局は法人としての電通を労働基準法違反罪で略式起訴し、17年10月に罰金50万円の判決が確定した。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]